FC2ブログ

Entries

しゅんごはん

旬ごはん
竹の旬と書いて「筍」。
今年初の筍ごはんを炊いた。
ちょうどいい大きさの筍を頂き、ホワンとした香り、少々のえぐみもうま味。
春、というより筍の季節になると初夏の走りみたいな気分になる。
桜の塩漬け、木の芽とともに。
スポンサーサイト



酢豚に恋して

obento
酢豚が好き🐽
何の気なしに近所のお総菜屋さんのそれに惹かれて(お腹もすいていた)
買って食べたらガッカリ!
どうして基本的な味付けが濃いのだろう。
大岡山は学生の街なので若い子向け?にしょっぱめの味付けは仕方ないのだけれど。
トーストを焼いてバターを乗せたので十分だったなあ~~~
こうやって一食分をちょっと残念な結果にしてしまうのはもったいないと思う。
衝動的なことってついやってしまいがち、それがプラスに出るときもマイナスとは言わないまでも残念と思うときも。
基本どちらも経験としては大切な要素。
ところで、なぜ酢豚を買ってしまったかというと、
数日前から食べたいと思っていた衝動と立寄ったお肉屋さんでカレー用の豚肉が売っていて
「酢豚にしたらおいしそう!」と思った瞬間、酢豚を売っているのを見つけてしまい買う、という衝動。
今度はちゃんと作ろう。
画像とは全く違う記事になってしまったけども。



スカッとする味

鰺南蛮漬け
陽気が良くなると少し酸味のあるものが恋しくなる。
頭も目のまわりも喉も鼻も花粉のせいでぼんやりしているけれど
こんなメリハリのある味付けだとスカッとする。
3月始まったばかり、だがメニューの試作も開始。

ワクワクホットサンド

ホットサンド
しずる感満載のホットサンド🥪
よくある卵とチーズとハムのもおいしいけれど、
具は多ければ多いほど複雑になっておいしい。
そうなるとホットサンドメーカーでは挟みきれないので
フライパンにのせてぎゅうっと押してつくる。
パンの端から具材のスープがじゅわじゅわと出てきて
フライパンの中ではちりちりと何やら音がし始める。
そうっと焼け具合を確認して、フライ返しで丁寧に返して反対も焼く。
フライパン自体がすでに熱くなっているので、半分はわりとはやく焼ける。
焼けたらグラシン紙かオーブンペーパーで包むと具材の熱が逃げずにしっかりと温まる。
ホットサンド作りは具を乗せるところからすでにワクワクする。

ホットサンドにしましょう

ホットサンド
久しぶりにホットサンドを焼く。
ミートソースとチーズ、生ハム、オリーブペーストを塗って。
ぎゅっと押し付けるのでペタンこになるけれど食べると結構ヘビー。

パソコン前の窓から空が見える。
ここ数日、白いが昼間でも見える。少し不思議な感じ…

Appendix

...................................


料理を作るのも食べるのも、
こよなく愛す。
好きなことは、ちくちく縫いものと
小鳥観賞、車の運転、空想すること。

うららのお教室については、
こちら
をお読みください。

お教室その他のお問い合わせは、
urara@df.catv.ne.jpまでどうぞ。

...................................

...................................

...................................

...................................