FC2ブログ

Entries

好きな味

workshoplunch
なるべく、食材のそのものの味をのこし
最低限の、しかし、味にリズムが生まれるような調味料やスパイスで
調理をする。
家で食べるごはん、というのは
今日の体調、で食材を選び、調味し、摂り入れられる。
教室やワークショップ、ケータリングは
基本は私が食べたい、と思う食材(もちろん季節のものも)で
料理するので身体に負荷がかからない。
頭の中で料理をするので、レシピがあるようなないような…
しかし本来、料理というのは
自分の直感で作るものだと思う、、、
失敗がいやだから分量が必要と考えるが、
その失敗こそが、次に作るときのポイントになるため
料理感覚が研ぎ澄まされるのだと。
料理には大きな失敗はない(砂糖の量と塩の量を間違えれば別だが)
たとえ想像と違った場合、それがおいしければオッケイだし
かなり違うものとなった場合、今夜の食卓に並べられるよう回避するだろう。
それがアレンジ。
こんなに偉ぶったことをいえるのも
20年以上料理に携わってこられたから。
自分の味が変わらない、好きな調味料が変わらない
と、変わることを「よし」とすることが多いなか
変わらないというのも、また「よし」である。

スポンサーサイト



ありがとう、そしてこんにちわ。

kitchen
明日の引っ越しがいよいよとなり
新しい気持ちがいっぱいになっています。
黄色いキッチンはみんなを笑顔にしてくれて
たくさんの出会いを喜んでくれました。
今まで住んだなかでは、一番好きなキッチンでもあり
キッチンとともに取材も受けて
楽しかったな。
でも明日からはまた新しいキッチンで
みんなの笑顔をお待ちします。
ありがとう、そしてこんにちわ。

わたしのつくるごはん

makanai
レギュラーのお教室アシスタントがいるときには
必ずまかないを作る。
ありあわせのものだったり、おいしそうだなと思っているものや
インスタントの時だってある。
たまたま作ったまかないが
これまたたまたまヒットするときもあり
それらはお教室メニューに昇格するのである。
インスタグラムにアップしていると
「食べてみたい!」
「今度お教室でも」
と嬉しいコメントもいただくので
そんな時にはまかない、その場しのぎのごはんであっても
工夫してお教室メニューに登場させたりもする。
またはワークショップランチで反応をうかがったりして。
生徒さんの舌は肥えているいるので
生半可なものは出せないのだが
私の作るごはんのことはかなり大目に見てくれていて
ありがたい、ありがとうのひと言です。

↑写真は昨日のまかない
海老とイカのかき揚げと小松菜と筍炒めをのせたうどんと
醤油炊き込みご飯のおにぎり

健やかに過ごすこと

urara06
こうも暑いと、本格的な夏がくるまえにばててしまいそうなくらい
ヘタってしまいますね。
じつは夏バテはしたことがないくらい、元気っこですが
夜に寝苦しくて何度か目が覚めるのだけは勘弁してほしい!
良い睡眠を心掛けているつもりでも
お年頃か、夜中に汗をかいてしまいます。
寝る前のコップ1杯の水、軽いストレッチ、足をほぐす、そして普段から
クエン酸や炭酸(アルコール以外)や夏野菜を摂ると
ずいぶんと違うようにも思います。
もがいているようにも見えて、
日々の小さな努力はやっぱり大切!
酸っぱいちょっとピリリとしたサルサのセビーチェは
そんな今のようなじっとりした季節にはぴったりではないでしょうか。

夏の魚・夏の肴・夏の酒

urara05
明日から6月のレギュラークラスがはじまります。
先月は『鯛ごはん出汁かけ』
今月も鯛を向付の夏野菜と合わせたセビーチェで使う。
天然の鯛を探し求めていたら、タイミングよく
とても立派なそれそれはでっかい天然真鯛が近所のスーパーで売っていた。
刺身用におろしてもらいアラは煮つけにするか
塩焼きにするか、ごはんにするか。。。
迷い中だけど、たぶん一番シンプルに塩焼きが
真夏のようなお天気の夜ごはんにはぴったりかも知れない。
冷たく冷やした夏酒とともに・・・
お椀には、これまたタイミング合えばハモを使いたい~~。

Appendix

...................................


料理を作るのも食べるのも、
こよなく愛す。
好きなことは、ちくちく縫いものと
小鳥観賞、車の運転、空想すること。

うららのお教室については、
こちら
をお読みください。

お教室その他のお問い合わせは、
urara@df.catv.ne.jpまでどうぞ。

...................................

...................................

...................................

...................................