Entries

強い人。

breaktime
ここ10日間くらいは頭の中がぐるぐると回って
いつもの自分ではない感覚がしています。
クールダウンが必要かもしれません。
あ、具合が悪いとかではなくて、
久々に頭を使うことをやっているのです。
これをキャリアと呼ぶならば
頑張るところですが、自分の意識の奥深く
「不安」という言葉が常に顔を出してしまい
ついつい弱気になってしまいます。
このバランスは大切なことなのかもしれませんが
本来持っている性なのでしょうね。
ああ、強くなりたい。
スポンサーサイト

trytry♪

hitotema05
仕事をしながらでもいろんなことを考えている。
いま一番興味があるのは
「ものを書く」ということ。そうwriterという職業。
そもそも思い付きでしか文章は書けないので
きちんと習ってみたいという気持ちがここ数年ずっとある。
人に言わせると、習ったところで結局自分の文章ではない、と言われるけれど。
たしかに「この文章にするには、ここにこの表現が入って、文字数をこちらに合わせると」
なんて考えていたら、まどろっこしい、堅苦しいものが出来上がるのではないか、という懸念も
なくはない、、、しかししかしである。
ド素人だけに少しでも知識を入れていると
読む側にはとても分かりやすい文章になるのではないだろうか?
今まさに、私のこのつたない文章を読み返してみても分かるように
強い熱い思いが伝わっていない、、、気がする。
料理以外で、好きなことややりたいことってあんまりないなー、、、って
感じていたちょっと前。
いまなぜだかいくつかの「やりたい!!!」というものが目白押し。
やってみよう♪trytryー♪
この曲がぐるぐると頭の中駆け巡る。。。trytry♪

五月の青い空

lovelyfood
5月が始まりました。
4か月は怒涛のように過ぎてゆき
きっと5月も(スケジュールを見るとほぼ予定が入っている)あっという間に。
すこし気がかりなこともあるので
気持ちを上向きにして整えておきたいな。
(明日の健康診断も気がかりーーー(笑)
あれれ、これはもしや五月病??

8月もろもろありがとうございました!

urara08
8月のレギュラークラス、ひとてま料理教室が
終わりました。
今月は新しい出会いもあり、そして久しぶりの再会もあり
なかなか充実月間でした。
この勢い、、、どうか続くといいなと思います。
夏も終わり、すこしずつ秋の訪れを感じる今日この頃ですが
まだまだ夏の太陽さながら(近頃は太陽の暑さではない気がします)
よい気を養いながらガンガン?進んでいこうと思います。
そんな風に感じるのはわたしだけではなく
たぶん、わたしの周りの人たちも(生徒さんも含め)
いまの流れに乗っているのではないだろうか、と思うのです。

思うこと、考えること

hitotema07
お教室では実践型のひとてま料理教室と
デモンストレーションで試食型のレギュラークラスを開いていますが
それぞれ、ちゃんと理に適っているということを実感します。
本物の味や季節の食材、盛り付けなどのビジュアルを知るのは
レギュラークラスのほうがわかりやすく
手間を知る、食材の使い方、切り方、調理のタイミングの妙を知るのは
ひとてまクラス。
同じ料理教室でもこんなに相対的なものはないと思っています。
どちらが正解、ということはありません。
逆にどちらもありうる、ということ。
日本人の女性ほど料理をすることに時間を割く民族はいません。
世界的に不合理と言われるかもしれませんが
料理をすることで頭の回転や意識や栄養的なバランスが
必然というより自然に身につくものです。
これはこうでなければ、という頭でっかちな意識ではなく
人は人、私はわたしの気持ちの良いスタイルで料理をする、ということが
大切なことなのだと思います。
食べること。はとても重要なことで
その食べ物で私たち人の身体は作られ
後世へと受け継がれていく。
日本人のDNAとして誇れる食文化なのだと信じます。
冷蔵庫の中やパントリーには何がありますか?
今日はあるものを使って調理する、という日を一日決めて
脳トレよろしく、料理することに専念し食べることに集中するのも
悪くないですよね。

Appendix

...................................


料理を作るのも食べるのも、
こよなく愛す。
好きなことは、ちくちく縫いものと
小鳥観賞、車の運転、空想すること。

うららのお教室については、
こちら
をお読みください。

お教室その他のお問い合わせは、
urara@df.catv.ne.jpまでどうぞ。

...................................

...................................

...................................

...................................