Entries

お直し、、、など。

chopstick
真夏日が続きます。
ちょっと散歩するのも紫外線がキビシイ・・・
こうなったら屋内でできることを、と。
日頃ないがしろにしがちな包丁研ぎや
盛りつけ箸や菜箸の先がずっと気になっていたので
カッターナイフで少し削ると
これが大正解!
すこぶる使いやすくなりました。
いつもは使い捨てにするものも、こうやって直して使ってあげることで
モノを大切にしよう、という気持ちがぐんと高まります。
いまはモノ自体の価値が下がっているし
どこでも同じような似たようなものを買うこともできて
便利な世の中ですが
直しながら使う、繕いながら使い続ける、というのは
曲がっていた背筋をぴしゃりと叩かれて
シャンとしなさいと言われた気分。
金継ぎレッスンで残った漆を
箸先に付けてあげてもいいかもしれない。
スポンサーサイト

トング

hitotema10
トングって調理で使う分にはスタイリッシュでステキ、と思うのですが
テーブルの上だとちょっと野暮ったいイメージを持っている。
硝子、木工、磁器もの、陶もの、自然素材のなかだと
ステンレスやアルミは、いきなり工業的な雰囲気になります。
合羽橋で見つけたウッディトングは
使い心地もソフトで、お気に入り。
ココア色、渋色、明るめ色と3パターンあったので
シーンに合わせてそろえてもいいと思います。
11月に合羽橋に用事があるので、買い足しておこう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
尾山台の駅そばで毎年3回開催される雑貨屋のセール
初日に出かけて帽子とクラッチを購入。
1000円ぽっきりがうれしい~!
wardrobe
フレンチブルーで統一してみました。

ひきだしワールド

komagomakomagoma
komagomakomagoma
キッチンの引出しにはこまごまとしたツールをしまい込んでいます。
引っ越しを繰り返す度に不要なものとはおさらばしているつもりですが
それでも、ものが多いのは承知のうえ。。。
空き箱や缶、お菓子の中敷きの仕切りを使ったり
取り出しやすいように心がけて。
お見せするようなものではないのですけど、敢えて・・・
使い勝手の良いナイフや変色しているけど愛着のあるスプーン
料理をとりわけるのに頻度の高いサーバー
子供のお弁当グッズ
ラッピングに使う紐や紙
チーズをカットするナイフやカッター
すりおろす道具、混ぜる道具、測る道具
どれもこれも、今のワタシには必要なもの。

出かける予定のない雨の日には
引出しの整理なぞガサゴソとしてみるのも
自分と向き合う時間の使い方です。

スプーンのある風景

spoon1
集めているもののなかにカトラリーがあります。
数百円のものから作家さんのものまで幅広く、
自分の好き♪を選んでいます。
スプーンはあたまがちょっと大きなタイプが好みで
カレーを食べるような形のもののほうが
とりわけスプーンとしても使えるので重宝。
イタリアの蚤の市で見つけたものや形がいびつになったもの
ピューターといって錫と鉛で作られたものなど。
最近見つけたデッドストックは日本製で
多分ホテルで使用されていたもの。
スプーンに砂糖をのせてカラメルを作ったり、
スプーンごとコンロで焼いて熱くなったところを
冷たいカスタードにつけてブリュレにしたり・・・。
そんな風景も見え隠れするのです。

とりわけスプーン

spoon
ワタシがオーダーしたとりわけスプーン。
きゅん💛と、ときめくピンクです。
漆のマットに置くと
ちょっとお澄まし顔になります。

Appendix

...................................


料理を作るのも食べるのも、
こよなく愛す。
好きなことは、ちくちく縫いものと
小鳥観賞、車の運転、空想すること。

うららのお教室については、
こちら
をお読みください。

お教室その他のお問い合わせは、
urara@df.catv.ne.jpまでどうぞ。

...................................

...................................

...................................

...................................