FC2ブログ

Entries

豆を炊く

豆を炊く
浸し時間が長かったせいか割れ豆になってしまった。
あんこにするのだから良いとしても、これだと皮が口に少し残ってしまう。
さて今月はこの餡を混ぜ込んだマフィン。
柑橘もあわせて爽やかなお菓子に仕立てる。
花冷えの今日この頃、ふんわりとした気持ちになりますように。
スポンサーサイト



マフィン

抹茶マフィン
いっつもプレーンの生地ばかりだったので抹茶を生地に混ぜ込んでマフィン。
文旦や小豆を加えて和風マフィン。
なかなか美味しくできたぞ!!
マフィンの醍醐味は表面のカリッとサクッとと中のしっとり具合が絶妙。
生地の水分量が少なめの方が軽く仕上がるので今回は果汁の少ない文旦で。

バタークリームケーキ

バターケーキ
こっくりと味わいが特徴のバターケーキ。
むかしむかしクリスマスには真っ白のホールのバターケーキが定番だったけれど
あの頃からわりとバターケーキには愛着もあり好き。。
手づくりのバタークリームはさっぱりとして少しカスタードっぽい味わい。
3月のお菓子はお教室では初めてのバターケーキ🍰

サツマイモ行脚

スイートポテト
よりしっとり滑らかなスイートポテトに仕上げるためにサツマイモ難民だったのだが
紅まさりという種類のさつま芋に出会って劇的に変わった!
スイートポテトにはぽくぽくしたさつま芋は適さない。
かといって安納芋のように水分の多すぎるのもちょっと違う。

捜し歩きましたっていうのは大げさだけれど、何種類もあるさつま芋の味を試すにはいい機会。
最近焼き芋はブームでもあるので、好みが分かれるけれど
やっぱりねっとりしっとり系が好きだわ~。

実家でおやつとして出されたのは黄金千貫という、焼酎の原料になる皮が白いさつま芋が主流でしかも茹で芋。
紅あずまの皮が紫のお芋は憧れだった…。
思い返すとあれはあれで美味しかったけれど、
石焼芋屋さんが積んでいる焼き芋を羨望の眼差しで見つめていた少女時代。
大人になってこんなにいろんな種類のさつま芋を食べ比べできるのはしあわせなことよ。


栗きんとん入りお汁粉

お汁粉
上質な小豆をもらったので炊いてみたら、ほんとうにおいしい✨
薄皮がホロリと破れて口に残らないのだ。
ちょっと固くなった栗きんとんを入れてなんとも贅沢なお汁粉に🌰

Appendix

...................................


料理を作るのも食べるのも、
こよなく愛す。
好きなことは、ちくちく縫いものと
小鳥観賞、車の運転、空想すること。

うららのお教室については、
こちら
をお読みください。

お教室その他のお問い合わせは、
urara@df.catv.ne.jpまでどうぞ。

...................................

...................................

...................................

...................................