Entries

小さな春のおべんとう

catering
おべんとうケータリング。
ころころと小さなおかずを竹皮に詰めて。

スポンサーサイト

レトロなファブリック

styling styling
7月号8月号のスタイリングというのに
あまりに毎日寒いので、レトロでロシアンな雰囲気に・・・
でもチョーかわいくないですか!!
この春の新作生地だそうです。
明日の撮影のあとにこの生地たちは
木曜日のちくちく倶楽部に行きますー。
ブックカバーにとても似合いそう。
ちなみに左はグラノーラバーが、
右には根菜と雑穀のサラダをのせるつもり。


美味しいお酒のための。

utsuwa
午前中、高輪台に打合せに行き
そのあと築地のうりきりや(器屋さん)に土瓶蒸しの土瓶を買いに。
これからさらにおいしくなる日本酒を入れる酒器にぴったりの
容れものも見つけてほくほくです。

夏の器

hitotema06
少し蒸しっとした初夏の昼下がり
きりりと冷やしたスパークリングとともに頂きたいマリネ。
夏には冷たい料理の映える硝子の器。
それだけで清涼感があり
好きなデザインや厚みのものを持っているととても重宝。
そういえば先日築地に行ったときに見つけてた
うりきりやさんの食器。
こんな日には『ああ買っておけばよかったな』としばし思う。

ここしばらく水分不足だったのか
身体が水を欲さなかったのか、、、
潤っていなかったみたいです。
近ごろ顕著に表れるお年頃です。
なので炭酸水をぐびぐび飲んでいます。

出会ったら躊躇しないのが鉄則

hitotema03
オーバルの器はお料理が映えます。
この錫のような黒い皿は、ヨーロッパアンティーク風ですが日本のもの。
出会ってひとめぼれした器です。
しかもお値段がとてもリーズナブル。
これからの季節は素材の色が鮮やかなので
シックな器をチョイスするとぐぐっと大人っぽい仕上がりになります。

Appendix

...................................


料理を作るのも食べるのも、
こよなく愛す。
好きなことは、ちくちく縫いものと
小鳥観賞、車の運転、空想すること。

うららのお教室については、
こちら
をお読みください。

お教室その他のお問い合わせは、
urara@df.catv.ne.jpまでどうぞ。

...................................

...................................

...................................

...................................