FC2ブログ

Entries

こんにちわ、お久しぶり。

村瀬治兵衛さん
二代目(今は三代目が継いでいる)村瀬治兵衛さんの沢栗のくりぬき盆。
5年ほど川の中で充分に水を含ませた沢栗をくり抜いて創られるその姿は
25年以上経ても変わりない風情。
お茶托や取り皿などいくつか持っているけれど
改めて手仕事の素晴らしさを感じる。
思えば20代で治兵衛さんの作品を買うなんて、わたしってすごいな、と思う(笑)
その代わり、ハイブランドのものはな~~~んにも持ってない😢

スポンサーサイト



季節の器

ドビンちゃん
土瓶蒸しにしか使えない器。
毎年この季節にお目見えして、ご用が済むとしっかりと乾かして来年へ。
和食には、季節や用途での器がたくさんあり、そして重ねられないものも多い。
それが良いか不便かはその人の考え方次第。

瞬殺の皿

utsuwa
一目ぼれしてしまった器。
それは古い中国のものにも、北欧のものにも似ている。けれど
新しい日本のもの、、、。
作家さんの個展で出会うこともあるけれど
家具屋さんやファニチャーショップでディスプレイされているものに惹かれて購入することも多い。
あんまり食器を増やしてはいけないので(充分過ぎるほど持ちすぎている)
近ごろは選び抜いた1枚をと、自分の肝に言い聞かせている。
その1枚を選ぶ瞬間が、また楽しい。
このお皿も数枚あったけれど、手作業のためか緩やかに撓んでいたㇼ、絵付けの模様が少々粗かったり
釉薬の色が濃かったり薄かったりと味わいがある。
ものを選ぶときは一瞬の感性を大切にする。
はっと息をのむ瞬間を見逃さぬように。


夏のコーディネート

tablecoordinate
少人数ならではのコーディネート。
くすっと笑っちゃうようなラベルや、普通サイズのボトルだと試せないいろいろなお酒をセレクト。
染付のしっかりとした鉢に緑の葉をあしらうと
涼やかな演出です。
鉢の下の銀色の受け皿はパイ用の型。

あと20分ほどで皆さまいらっしゃいます♪
楽しんでくださいますように…

黒田泰蔵 白磁

黒田泰蔵
5月から土曜日と日曜日のお教室は小規模開催としています。
6月今月からはひとてま料理教室も小規模開催でいたします。
アラートも発生していることなので、無理強いはしませんので
ご都合のよろしければ、ご連絡くださいませ~。

小規模開催とのことなので、人数も少なめです。
ここぞとばかり、ということではないのですが
器出しをしていると、久しく使っていなかったものもたくさんあります。
決して新しく購入したものではないのですが(笑)

黒田泰蔵氏の器もひとめぼれして、だいぶ昔(出た!昔に買ったっていうセリフ)に買った。
15年くらい前かな(昔でしょ)?
当時も、まあまあいいお値段で清水の舞台から飛び降りる覚悟で分割で買ったような。
(三谷龍二氏の器も同じく)
今や、白磁の巨匠とまで言われていますが、興味が湧いてネットで価格を調べてみると
オークションでびっくりするくらいの値段が付いていました。
でも、いつも見てもうっとりするくらい素敵です。

Appendix

...................................


料理を作るのも食べるのも、
こよなく愛す。
好きなことは、ちくちく縫いものと
小鳥観賞、車の運転、空想すること。

うららのお教室については、
こちら
をお読みください。

お教室その他のお問い合わせは、
urara@df.catv.ne.jpまでどうぞ。

...................................

...................................

...................................

...................................