FC2ブログ

Entries

カツオ、旬です

かつお
高知県の郷土料理「皿鉢料理(さわちりょうり)」は藁を燃して炙ったカツオのたたきだ。
家庭ではなかなか難しいので金串で刺してコンロの火で炙ります。

本来は皮付きのカツオの皮と身の間にいる寄生虫を殺すため。とか
当時の殿様、山内一豊が食中毒防止のため生ものを食すことを禁じたがゆえ
カツオの表面を炙って焼物としてだした。など諸説ある。

脂ののった今が旬のカツオだが、秋には産後の脂が程よく落ちた戻りガツオもおいしい。

今月のお教室はカツオの他に、アユごはんや
トウモロコシなどの夏野菜、名残のタケノコも・・・
スポンサーサイト



新食感~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

citruscheesemuffin
土日のお教室
ありがとうございました。
今朝、残ったcitruscheesemuffinを冷たくして
おめざでいただいたのですが
グレープフルートとオレンジが冷えてて
すっごいフレッシュ感。
おすすめの食べ方です。
こうやって、半分にカットして
断面を見せるスタイリングも
かわいいと思いません?

6月の風薫る

urara06
珍しくレギュラークラスの全体メニューの画像ですが
マニュアルで撮っているので
はじめの一枚はいつもこんな感じ(笑)
いつもならペッと削除しちゃうんだけど
白い器からのハレーションもあいまって幻想的な雰囲気に。
はっきり言ってお料理がなんだか全くわからないというのも
お教室これからの生徒さんには
ある意味いいのかもー。
どれが何のお料理。って言い当てられたらすごいです(笑)
あ、プリンやスイカはわかるねー。

春から初夏へ

urara04
春の野菜と魚介を、これでもかというくらい積み上げる。
淡い儚いような味にみえても
しっかりとした素材の味もひろがるので
醤油よりも酢味噌のような少し甘めのたれでいただく。
春や秋の食材は、
月の前半と後半ではまったく違う味や姿となる。
4月の前半にはうるいがあり、菜の花も茎を太らせていたが
後半になるとたちまち消えて
かわりに初夏を思わせる根三つ葉が並ぶ。
春蕪を焼いたもの、菜の花、独活、根三つ葉と野菜を積み
アオヤギ、甘海老、蛍烏賊。

余白

urara02
春はもうそこまで、と言いつつも
まだまだ冷たい空気がながれる今日この頃。
そろそろ、3月のメニューを考えます・・・。
写真は今月の向付。
コバルトの蒼に鮪と菜の花。

Appendix

...................................


料理を作るのも食べるのも、
こよなく愛す。
好きなことは、ちくちく縫いものと
小鳥観賞、車の運転、空想すること。

うららのお教室については、
こちら
をお読みください。

お教室その他のお問い合わせは、
urara@df.catv.ne.jpまでどうぞ。

...................................

...................................

...................................

...................................