Entries

名残り

fig
9月のメニュー作り。
料理人にとって9月は『料理人泣かせ』といわれるほど
食材が乏しい。
いやいやあるのだが、
お客さんは秋の味覚を求めて店を訪れるが
店側はまだまだ豊富に出回っている夏の素材を使いたい。
「走り」のものは高価だし、かといって夏っぽい料理ばかりじゃ叱られる。
(少し前までは、料理屋は客に育てられる。と言われたほど)
『名残の食材』を使って作られた料理。
言葉は不思議だ。
夏の食材というとなーんだ、と思うが名残と謳うととたんに風情がある。
このニュアンスは、きっと、Japanese spiritにしか理解ができないだろうな。
スポンサーサイト

Appendix

...................................


料理を作るのも食べるのも、
こよなく愛す。
好きなことは、ちくちく縫いものと
小鳥観賞、車の運転、空想すること。

うららのお教室については、
こちら
をお読みください。

お教室その他のお問い合わせは、
urara@df.catv.ne.jpまでどうぞ。

...................................

...................................

...................................

...................................