Entries

気持ちの整理

batik
作りおき教室のご案内をしたすぐに
興味のある方のお問い合わせが多く
こんなにも必要としているんだなと実感。
私は日々台所仕事をしているので
常備菜を作る、ということはあまりないのだけれど
ウイークデイは朝から夜までお仕事の方
そして、身体のことに真剣に向き合っている方にとっては
外食は中食というのは、たまにならいいじゃん、でも
1週間のうちの4~5回それじゃ、、、やっぱりイヤですよね。

いまパーソナルシェフの仕事もしているので
分かることがすこしずつ増えてきました。
寄り添いながら、相手のことを想い、限られた時間の中で
おいしいものを作る。
これって、
とても大切なことだけれど、難しいことではない。
やろうと思ったら誰でもできることではない?

そのきっかけとなるのは
20年間やってきているお教室なのではと思うのです。
レギュラー教室では相手の話を聞き、時には意見を言い
そして尊重する。
人のことを想う。気遣う。
ひとてま料理教室は実践なので手を動かし
脳をフル回転しながら作り上げていく。
気にいった味や家族が好きそうな味はすぐに復習することで
自分のものとなる。
作りおき教室の重きは自分のためでもあり、
たくさん作ってお福分け(おすそ分け)ということもあるでしょう。
人に作ったり、作り方を教えたりするのは
自分の自信にも繋がること。

私が料理を作る続けている理由は
作ること好きだから、ということと
人がやっぱり好きだから、ということに尽きるのです。

私の中で何かがパチンとなりはじめています。
みんなが幸せに暮らせるように
どんなに小さな喜びも感じられるように
ちょっとだけ、でも一歩前進、右往左往動こう。
スポンサーサイト

Appendix

...................................


料理を作るのも食べるのも、
こよなく愛す。
好きなことは、ちくちく縫いものと
小鳥観賞、車の運転、空想すること。

うららのお教室については、
こちら
をお読みください。

お教室その他のお問い合わせは、
urara@df.catv.ne.jpまでどうぞ。

...................................

...................................

...................................

...................................