Entries

向き合うこと

vegetables
365日包丁を使わない日はない、と言ってよいほど料理をしている。
よくもまあ、こんな日々のごはんづくりを飽きずにやっている。と
我ながら感心する。
たぶん料理をする、ということよりも
食材に触れる、ということの方が好き。
いまは邪念があるせいか(笑)野菜の声は聞こえないけれど
子供のころは畑に行くと
「ここにあるよ」(ナスの言葉)
「こんなあじはどう?」(ピーマンの言葉)
「まだ食べごろじゃないよ」(かぼちゃの言葉)
といろいろ教えてくれたものだ。
長閑なド田舎育ちの私には、自然あってのもの。
扱いにも気を付けて
どう調理すればおいしくなるか、というのは子供のころに身に付いたものなのだと思う。

母が乳製品や鶏肉以外の肉類、タコ以外の魚介を食せなかったので
プラス料理があまり得意ではなかったため
日々のごはんは米、野菜、豆、祝い事があると父が飼っている鶏を絞める、という具合。
でもそれでも豊かな食だった、と振り返れば思う。

私は一日に3回、きちんとした食事を摂らなければいけない、とは思っていない。
一日に1回、素材や食材と向き合う食事ができればいい。
自分が食べたいものが、そのとき欲しているものだから
なるべく自分自身に問うて
なるべくなら手作りで、手間をかけて。
その姿勢でいることで
もしかしたら、そのうち食材たちが語りかけてくる日がやってくるかもしれません。
スポンサーサイト

Appendix

...................................


料理を作るのも食べるのも、
こよなく愛す。
好きなことは、ちくちく縫いものと
小鳥観賞、車の運転、空想すること。

うららのお教室については、
こちら
をお読みください。

お教室その他のお問い合わせは、
urara@df.catv.ne.jpまでどうぞ。

...................................

...................................

...................................

...................................