FC2ブログ

Entries

薔薇待ち月

rose

固く小さな蕾を、
ほわほわと暖かな空気と、
ときどきの湿り気のための雨によって、
ひとつ薔薇の花びらをほころばせ、
その様子を見ていた隣の蕾は
もうわたしの順番とほぐれるように花ひらく。
それはまるで伝達ゲームのように。
小さな庭の木々たちが皆、
「待ってたよ」と口々に、
祝福の緑の風を吹かせ
キラキラと光も揺れる。
スポンサーサイト

Appendix

...................................


料理を作るのも食べるのも、
こよなく愛す。
好きなことは、ちくちく縫いものと
小鳥観賞、車の運転、空想すること。

うららのお教室については、
こちら
をお読みください。

お教室その他のお問い合わせは、
urara@df.catv.ne.jpまでどうぞ。

...................................

...................................

...................................

...................................